テレビの人が汗をかかないのはなぜ

暑い季節になると、特に激しく動いているわけでもないのに、
身体中から自然と汗が噴き出してしまいます。

本当に何もしていなくても、普通の人ならじんわりと汗ばんでくるのに、
テレビに出ているタレントさんは顔汗をかいていないのを見かけます。

スタジオ収録ならばまだしも、ロケや舞台などでも、汗ひとつかかないのを見ることがあるのです。

男性のタレントは、特に芸人さんは良く汗をかいていますが、女優さんはなぜあんなにも汗をかかないのでしょうか?
同じ人間なのに、この差は何なのでしょうか。


実は、人間は集中力が高まったときに、発汗が収まるようになっていることが実験でも証明されているのです。

汗をかくメカニズムには2種類の要因があって、ひとつは気温が高くなったときにかく、温熱性の発汗です。
そしてもうひとつは、いわゆる冷や汗などに見られる精神性の発汗です。

 

発汗を司っているのは、脳の中にある視床下部といわれる部分で、ここは感情をコントロールする場所でもあります。

そのため、緊張状態に陥ったときなどに発汗が促されるのも、そのためなのです。
例えば、人前で何か発表をしなくてはならないときに、始まるまでは緊張で押し潰されそうな感じが続き、
汗もかいてしまっていても、いざ始まって発表に集中しはじめると、緊張が収まってきて汗も引いてくることが良くあります。

みなさんも同じようなことを経験したことが、あるのではないでしょうか。


つまり、熱いライトに照らされながらも女優さんが顔に汗をかかないのは、演技に没頭し集中しているからなのです。

また、汗は身体中にある汗腺から出てきますが、汗の量を汗腺に割り振っています。
そこで、脇の下辺りを帯などで絞めることで、
上半身に汗が循環されずに顔からの汗をわざと抑える努力をしている場合もあります。

それ以外でも、最近では顔汗を止めるサラフェのような制汗ジェルもあるので、便利ですよね。

 

60日間の返金保証付き!

▲△サラフェの公式サイトはこちら△▲

 

 

サラフェで顔汗をかかない?止める?冗談じゃないわ!TOPに戻る