顔汗ってなんで出るの?その原因は?


夏の暑い日に、沢山の汗をかいてしまうのは特に問題のある事ではないです。
ですが中には、顔汗ばかりかいてしまい、他の場所は余り汗をかかないという人もいます。

顔汗ばかりかいてしまうとより人目に付き易いだけでなく、
女性はメイクが崩れ易くなったりなかなか厄介です。

 

顔汗ばかりをかいてしまう原因としてはまず、運動不足が考えられます。

暑い時に人間の身体が汗を出すのは、体温調節をするのが目的です。
というのも熱により、身体の細胞がダメージを負ってしまう恐れがあるため、
それを避けるために汗を分泌して、体温を調節しています。

 

だからこそ、運動で身体が熱を持つと、汗腺が汗を分泌するのです。

ですが運動不足でろくに身体を動かさずに、汗をかかない暮らしを続けていると、汗腺の働きが鈍ってしまいます。

特に心臓から離れていて冷え易い腕や足等の汗腺は働きが鈍り易く、
使わない内に休眠状態に入ってしまうのです。

そうすると、暑い時でも、きちんと汗腺が働かずに汗が出ず、
その代わりに働きが活発な顔の汗腺が多く働き汗を出す事で、何とか体温調節を行う事になります。

 

これが、顔汗を大量にかいてしまう原因です。

 

また、顔汗をあまりに大量にかいてしまう原因としては、
病気である事も考えられるので注意する必要があります。

具体的な病気としては糖尿病であり、
末梢神経の働きが鈍る事で発汗異常が起き大量に顔汗をかいてしまったりするのです。

 

他にも自律神経失調症になってしまう事もあります。
自律神経による身体のコントロールが上手くいかず、必要以上の顔汗をかくようになる事があります。

 

加えて女性の場合は、更年期障害によって女性ホルモンの分泌が低下し、自律神経のバランスが乱れてしまうものです。
その結果、大量に顔汗をかくという症状が起こったりします。

 

しかし、病気でなく、人よりも多く顔汗が出てしまうなら、
サラフェプラスのような制汗ジェルで手軽に顔汗を止めることができます。